ホーム > 車査定 > 車の製造年数が同じでも査定は異なる

車の製造年数が同じでも査定は異なる

車査定については、製造されている年数によって、大体の値段が決められることも多いです。しかし、ただ同じ年数だからという理由で、別のグレードも同じような値段がつけられていることはありません。グレードが別になっている場合は、そのグレードに対応する基礎金額が設定されており、これによって高い金額を得られるかどうかが変わってきます。

 

普通のグレードであれば、当然普通の査定を受けることになるので、そこまで高い金額を手に入れることが出来ません。一方で、車査定として高いグレードを持っていたり、リミテッド系の車となっている場合は、基礎の部分で少し高く見てくれます。製造されている年数が同じだったとしても、色々な要素で変更されることもあります。

 

これはかなり前の製品だからという思いを持っていると、思わぬところで結構いい査定を受けることもあります。それは、珍しいものであり、今でも欲しいと思っている人がいる可能性を持っているからです。

廃車王の口コミ・評判は良いの?